仕事負担の多い女性たち

政府主導で進む「女性が光り輝く社会の実現」に向けた取り組みなどが話題を集める中において、女性の活躍ぶりにスポットライトが浴びせられるケースも増えてきています。躍進を続ける女性が増えることは喜ばしいことといえますが、一方において、あまりの忙しさによって、睡眠不足を訴える女性が増加傾向にあるといわれています。

男女平等の社会とはいわれるものの、現実には、家事や育児、介護などの面においては、まだまだ女性が担うものという暗黙の了解があることも事実です。多くの働く女性が、家庭と仕事という二足の草鞋を履いて頑張っている現状があります。ワークライフバランスという言葉が果敢に取り上げられるようになるなど、徐々に会社一辺倒な生活設計を見直すべきという意見が盛り上がりを見せているものの、なかなか変化を見せるに至っていないのも実態といえるでしょう。体調不良や睡眠不足を訴える女性が増えるのもある程度は、無理もないことなのかもしれません。

また、やはり女性にとっては、いつまでも若々しくきれいでいたいという思いがあるのも事実です。睡眠不足は、スキントラブルを引き起こす原因になりますので、大きな関心事になるのも仕方ないことです。そういう背景から今般では、美容関連業界の目覚ましい発展により、メイクアップにまつわる製品の精度は格段に上がっています。しかし、過労が積み重なっていけばどんなに頑張っても老けは隠せるものではありません。

女性の社会進出のみならず、男女お互いが過ごしやすい社会づくりを考えていくことも必要だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です