昼寝と瞑想のススメ

体内リズムが崩れやすい仕事として、代表的なのが看護師。朝早くから働き始めて残業で遅くなる毎日を過ごすことになる場合も珍しくはありません。現場によってその状況は大きく違うものの、概してオーバーワークになりがちであり、睡眠時間が十分に確保できない日々を過ごしてしまうことが多いのが実情です。

しかし、連日の睡眠不足は仕事のクオリティーに大きな影響を与えてしまうため、それが原因で自分の仕事がしっかりとできていないことをストレスに感じてしまう人もいます。それが睡眠不足を生むという悪循環ができてしまう場合もあることから、適切な解消方法を習慣化することは重要な観点になるでしょう。その際には医療や介護に関わる仕事をしているという視点から、医学的根拠のある方法で対策をしてみるのは良い方法です。仕事をしていても昼食タイムは少しの休みがとれるものであり、昼食を速やかに済ませて昼寝をする習慣を始めてみましょう。また、瞑想をする機会を設けるのも良い方法です。膨大な情報を抱えて処理できない頭のデータをスッキリさせるのに役立ちます。脳の活性化と疲労回復に大きな効果があるというデータが示されていることから、信頼性高く実践できる方法です。

根本的な睡眠不足の解消にこそならないものの、仕事のクオリティーを高める目的では有用な対策であり、忙しい看護師ほど試してみる価値があるでしょう。ストレスを感じながら仕事をするよりも精神面でもプラスになることは確かです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です