深い眠りと浅い眠りについて

睡眠不足になってしまう代表的な内容には、ストレスを抱え込んで睡眠に入っていく事です。ストレス状態と言うのは、外敵に襲われる可能性があると体が判断を行ない、いつでも起床して対応できる様に浅い睡眠になってしまう事があります。翌日に緊張をしてしまう様な出来事があれば、睡眠不足になってしまう事もよくある話しです。

深い睡眠に入ると成長ホルモンが活発に放出され、翌日に備えて気力を蓄える様に体が修復され、翌日は快適な生活が送れる事がよくあります。ただし、この深い睡眠時に無理に起床すれば、体は睡眠時の活動で無理に体を動かす事に繋がってしまいます。睡眠時には、この深い睡眠時間と浅い睡眠時間を繰り返していると言われ、浅い睡眠時間帯に起床する事がポイントになります。浅い睡眠時間帯と言うのは、夢を見ている事が多く体は準活動状態とも呼べる状態のことです。

夢を見ている時に、夢に合わせて体が動く事もあります。又、夢を見ている間において人の目は、異常と呼べる早さで動いています。それでも、睡眠不足が続く場合は、熱いシャワーに浴びる事がポイントの一つです。これは、熱い湯船に浸かるよりも効果が期待できます。熱いシャワーには水圧がかかり、その水圧が刺激となって目覚めを良くしてくれる可能性が高くあります。又、熱い水と言うのは、体にとって危険な内容ではないかと言う判断が錯覚を起こし、活動のための交感神経を活発化をして目覚めを良くしてくれる可能性を高めてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です